愉快なおじさんインストラクターと父島でシーカヤックを体験

小笠原諸島の父島でシーカヤックに挑戦しました。

リバーカヤックはやったことがあるけど、シーカヤックは波があるからどうしよう、とちょっと不安を抱えながらの挑戦でした。

インスタラクターのプーランプーランのおじさんは、真っ黒なお顔に笑うとのぞく白い歯が印象的な愉快なおじさんでした。

会ってご挨拶すると、ニックネームで呼び合いましょう、とニックネームを確認します。
思わず昔のニックネームを引っ張りだしてしまって子どもに笑われてしまいました。

「波を受けて転覆したら?」と尋ねると、「一回転してこうしてこう」と何度もやって見せてくれますが、なんだかコツを掴めるまでは半回転のままになったらどうしようとか考えてしまって、敢えてやってみる気にはなれません。

今回は転覆しないことにしようと、達成可能かどうかよく分からない決意をして安全運転で行くことにします。

漕ぎだしてみると波に対して真横にならないように、斜めを意識して進めば、まず転覆するような目に遭わずに済みそうなことが分かりました。
幸い入江のせいか凪いでいてさほど波はありません。

カヤックのまわりでいっぱい魚が泳いでいるのが見えます。

向かいの小島まで行って折り返し、別の砂浜に上陸しました。

おじさんが「ちょっと休憩」と言って自宅で採れたパッションフルーツをごちそうしてくれました。

シュノーケリングも楽しんで元の砂浜へカヤックで帰還です。

このおじさん、子どもだけで父島にやってきてキャンプに参加するスクールもやっているそう。
子どもの扱いがとても上手なので、うちの子もおじさんにあっという間に懐いて楽しんでいました!