楽しい運動会!母が作ってくれた我が家のお弁当

運動会のお弁当はスポーツした後、青空の下で食べるせいか本当に美味しいです。

いつもより食欲も3割増しくらいになるように感じますし、お弁当がさらに美味しく感じます。
母が作ってくれた我が家の運動会のお弁当は、私にとって楽しい思い出であり懐かしい母の味でもあります。

運動会のお弁当のおかずは、定番ですが鮭と梅のおにぎり。
我が家のお弁当は、のりは握ってすぐ巻くので、食べる頃にはほどよく柔らかくなっています。

運動会だけでなくお弁当によく合うメニューがサンドイッチですね。
卵とキウイフルーツ、ハムときゅうりが具材で、簡単シンプルながらとても美味しいです。

私は子供の頃から炭水化物が大好きで、特に運動会の時にはご飯もパンも食べたかったのでお弁当のおかずは両方作ってもらっていました。

卵のサンドイッチにキウイフルーツを入れるのは少々変わっていますが意外とよく合います。
卵のまろやかな甘みとキウイフルーツの甘酸っぱさはお互いを引き立てて色もきれいでお弁当の見た目もよくなっておすすめです。

そしてお弁当のおかずとして絶対外せないのが鶏の唐揚げです。
前日からタレにつけ込み、味の良くしみた唐揚げはおにぎりにもサンドイッチにもとてもよく合いますので、運動会のお弁当にはピッタリのメニューです。

あとは、だし巻き卵、ポテトサラダ、彩りのミニトマトやアスパラのベーコン巻きなどが定番のおかずでした。
この辺りはお弁当のおかずとしても簡単に作れるメニューですね。

デザートのフルーツは運動会が秋だったこともあり、季節感がでています。
まだ青い、極早生のみかん、りんごが定番でした。
毎年、極早生のみかんを剥くときふわんと香る少し青っぽさの残るみかんの香りを嗅ぐと運動会を思い出すくらい、私の中では強い記憶として残っています。

家庭によって運動会のお弁当のおかずはバリエーションが違いますが、親が子供の成長を喜び張り切って作るので、それぞれの家庭の特色が出る様に思います。

運動会のお弁当、早朝から作るのはとても大変ですが、これからも伝えていきたい家庭の味です。