長野県カヤノ平キャンプ場へ行った時の事

ある夏休みに、我家と知人2人で長野県にあるカヤノ平のキャンプ場へ行った時の事です。

知人は大きな布張りのテントを持っていて(本格的な)、着いてからテントを張るまでにかなりの時間を要しました。

夏休みとあって、かなりの人が訪れていました。

あちこちテントだらけ!

中にはバイクでお一人様で来ていた人もいました。

キャンプと言うと、夜はバーベキューとかカレーが定番ですが、私の夫は料理人のため、一緒に行く人がいつも料理をひとつの楽しみとしています。
「何か美味しい物が食べられるかな?!」みたいに。

キャンプなので、お店のようにはいきませんが、それでも予め作ってきたローストビーフとか、シチューとか…

周りの人達が食べていないような物を私達は食べていました。

さて、実は私は元々アウトドアは好きではありませんでした。

虫は飛んでいるし、寝にくいし・・・
でも知人が一緒に行こうよといつも誘って来るし、夫はそんなに嫌いではないらしく、私はお付き合いで行っていました。

我家の高校生の娘は絶対に行かないと言い、中学生の娘だけを連れて行きました。
この娘は昔から虫や鳥などが好きで、自然派人間です。
喜んで付いて来ました。

小学生の頃に、秩父の川べりでキャンプをした時はカタツムリを捕まえてきて、我家で何年もそのカタツムリが生きていました。
仕舞いには梅雨時に紫陽花の葉に放してやった位です。

カヤノ平には2泊したものですから、お風呂に入らないと、という事で、渋温泉まで車を走らせ、ビジターで入りに行きました。

そのお湯の熱い事と言ったら!

渋温泉には泊まりで来たこともあり「やっぱりキャンプより旅館でのんびりがいいなぁ」と思ったものです。

夜はワインを飲んでみなで楽しく語り合い、早目に就寝。

そして朝。
高原の朝は清々しくて本当に気持のいいものです。
この瞬間はまた来てもいいかなと思いました。

それ以来、年に一度はキャンプをする様になりました。
慣れてくると、あんなに嫌だったテント泊も、いいものだと思えるようになりました。

なんと言っても、外で皆と食べるご飯の美味しいこと!
これが楽しみで行っている様なものです。

誘ってくれた知人は、その後キャンピングカーを買い、キャンピングカーでもあちこち楽しんでいる様です!

募集|主婦の在宅副業|相互リンク|ハピタス|リンクjp|相互|宍道湖夕日情報|